医薬品関連データベース

配合変化チェック用データ(メーカー注射薬配合変化資料準拠版)

医薬品のインタビューフォーム、公表学術資料等の配合変化資料に基づき、注射薬の配合変化情報をデータ化しており、配合変化資料に記載されている可否評価を基に、配合不可、配合注意、配合可の3段階でチェックが可能です。

  • 配合変化資料の配合可否評価の記載有無に関わらず、「外観変化」「pH変化」「残存率変化」の試験結果について、弊社独自のレベル基準を定義し、各変化レベルを登録していますので、この結果をもとに評価することも可能です。
  • 配合試験の【試験方法】【配合方法】【参考文献】もデータ化しています。
戻る