医薬品関連データベース

重複投与チェック用データ

医療用医薬品間の成分重複及び系統重複のチェックを可能とするデータベースです。

成分重複用データにおいては、各製品に成分コードを付加し、塩違い、プロドラッグ、類似成分等の重複をチェックすることも可能としています。

また、配合剤では配合成分ごとに成分コードを付加しており、配合剤内の成分と単味製剤とのチェックも可能です。

系統重複用データについては、47種類の系統または薬効重複薬剤についてデータ登録を行っています。

成分重複チェック例

同一成分の定義 同一成分とは、生体内における遊離体等の活性成分が同一であるものとして定義しています。塩違いを含みます。ただし、プロドラッグは別に定義しています。
プロドラッグの定義 生体内で代謝等により活性成分が同一となるものをプロドラッグとして定義しています。
類似成分の定義 化学構造等は異なるが、同一成分群(生薬成分、ビタミン等)として認められるものを類似成分と定義しています。
戻る