医薬品関連データベース

英語対応薬剤情報データ

「医薬品商品名」、「剤形」、「効能・効果」、「主な副作用」、「注意事項」で構成された、患者向け英語対応薬剤情報データベースです。
薬価基準収載医薬品のうち生薬、賦形剤等を除く約18,000品目及び経口避妊薬等の一部の薬価基準未収載医薬品について、英訳コメントと日本語のコメントを対応させたデータを収載しています。
ただし、主に医療機関のみで使用される注射薬については、「効能・効果」と「主な副作用」を記載しています。

医薬品 『医薬品コード』、『英名商品名』、『英名一般名』『剤形(英語・日本語)』で構成しています。
効能・効果
(英語・日本語)
薬剤の効能、作用機序を記載しています。
効能は、添付文書の【効能・効果】に記載されている適応症に対応させて、何に使用する薬剤かをわかりやすく簡潔な表現で記述しています。
作用機序については、患者さんにとってできるだけわかりやすい表現で薬理作用を記載しています。
副作用
(英語・日本語)

医薬品の主な副作用を説明した項目です。頻度が高く特徴的な副作用の症状を記載します。

注意事項
(英語・日本語)
添付文書または企業からの情報(くすりのしおり、使用説明書等)より、患者さんが使用する上で特に気をつけていただきたい事柄を抜粋して記載しています。
注意事項には「服用方法、使用方法」、「飲食物および嗜好品の指示、指導、注意」、「生活上の指示、指導、注意」の3種類の属性情報および年齢・性別制御情報を付加しています。
これらを用いることで属性区分単位または年齢・性別ごとの出力制御など、必要な注意事項を簡単に抽出しやすくなっています。
また、拡張コードにより小児向け・高齢者向けなど、患者属性に合った適切なコメントを出力することが可能です。
戻る