医薬品関連データベース

服薬指導ガイダンスデータ

薬剤別服薬指導ガイダンスデータ

主に薬の使用時の注意に関する【服薬指導文データ】を薬剤別に抽出、選択できるデータベースです。
服薬指導した内容を、『患者向け薬剤情報』として出力させたり、薬歴に記載・登録することが可能です。
また一部の注意については、小児向けや高齢者向けなど患者属性をふまえた適切な指導文を出力することが可能です。

コンプライアンス服薬指導ガイダンスデータ

服薬指導の中でも重要でかつ指導する必要性の高い、薬剤使用時のコンプライアンスについて、何らかのプロブレム(問題点)があることが確認された場合、患者側の情報(服薬状況など)に応じて、どのように服薬指導すべきかをガイドするデータです。
データ形式は『疾患別服薬指導ガイダンスデータ』と同様であり、プロブレムごとに指導プラン(P情報)、それにひも付く主観的情報(S情報)/客観的情報(O情報)、薬剤師の評価や指導内容(AまたはP情報)、次回の指導プランの選択肢を設けているので、患者情報や指導内容はSOAP形式に基づき薬歴に記載することが可能です。

疾患別服薬指導ガイダンスデータ

日常的に遭遇する慢性疾患や生活習慣病について、POSに基づいた薬物治療管理と指導及びSOAP形式の薬歴記載を支援する疾患別の服薬指導ガイダンスデータです。
疾患ごとにプロブレムを設定し、プロブレムごとの指導プラン(P情報)、それにひも付く主観的情報(S情報)/客観的情報(O情報)、薬剤師の評価や指導内容(AまたはP情報)、次回の指導プランの選択肢を設けています。
服薬指導内容に応じて、薬剤師が服薬指導を行う際必要と思われる疾患に関する参照用メモや、患者向けのイラスト情報を搭載しています。

戻る