医薬品関連データベース

POSテンプレートデータ

POS(Problem Oriented System)の概念に基づき、薬剤管理指導における問題点の抽出と問題解決のためのプランを提案し、薬学的ケアをサポートするデータベースです。患者のプロフィール(基本情報)や、処方監査データベースによる監査結果と連動し、自動的にプロブレム(問題点)の立案と初期プランの提案を行います。さらに、各プランに対応する、S(主観的情報)・O(客観的情報)・A(アセスメント)・P(プラン)のデータを選択していくことで、SOAP形式による標準的な指導記録の作成を支援します。

データベース活用の流れと指導記録(薬歴)イメージ

(1)処方監査・患者情報の取得、データベースによるプロブレムの抽出と指導計画

電子カルテ、処方監査システムより処方監査情報や患者情報を取得、連動させることにより、薬学的ケアが必要な情報をもとに、データベースに定義されているプロブレムデータから自動的にプロブレムの抽出と初期プランを立案します。

(2)指導計画に基づき服薬指導を実施、SOAPデータの選択・編集記録

初期プランに基づき服薬指導を行い、データベースにセットされているSOデータ、またSOデータに連結するAPデータを選択することによりSOAP形式の指導記録が作成できます。

戻る