医療支援システム

CP-Map Web!(Web型薬剤管理指導支援システム)

特長・コンセプト

1.患者基本情報や、処方監査結果等から関連するプロブレム・プランを立案し、指導記録に導く、一連のデータベースを標準搭載

各種コンテンツ搭載と、POS(Problem Oriented System)による服薬指導支援機能により、簡単にPOS(プロブレム-SOAP)での指導記録を行うことが可能です。また、薬局内における服薬指導内容の標準化が可能となります。

2.指導計画・服薬指導・指導記録の流れを、データベースにより強力にバックアップ

アプリとデータベースで服薬指導業務を強力にバックアップし、業務効率化を図ります。
薬剤管理指導料の算定件数Upに繋がります!

3.ベッドサイド記録専用画面対応<無線LAN環境>

モバイルPC、タブレットPCなど、院内LANに無線LAN接続可能であれば、ベッドサイド記録専用画面で、病棟での直接患者さまとの服薬指導対応も可能です。
※ベッドサイド運用ができない場合でも、使いやすいワークシートにより同等の運用が可能です。

4.Webシステム採用 院内ネットワーク端末のどこでも、利用可能

Webシステム採用により、環境を選ばず、医師、看護師、薬剤師間での情報共有化・連携を強化します。 電子カルテとの連携により、電子カルテから患者さまの服薬指導歴をリンクして参照も可能です。

5.代替薬検索機能(DI検索搭載)及び、持参薬管理システムとの連動が可能

搭載データベース

戻る