医療支援システム

どんとこい持参薬(持参薬管理システム)

システム概要

(クリックで拡大)

特徴・メリット

1.持参薬管理のシステム化

入院患者様の持参薬管理について、鑑別依頼 ~ 鑑別登録 ~ 持参薬指示 に至るまでの業務をシステム化できます。

2.簡単な検索・登録
  • 薬剤鑑別は薬品名や、識別記号、メーカーマークより、簡単に薬品を検索、そのまま持参薬として登録できます。
  • 不明なジェネリック医薬品も、DI検索(DrugInformation)にて、素早く、何の薬品か鑑別できます。
3.自院採用品・非採用品の対比が容易
  • 自院採用品・非採用品の対比が容易に行えます。
  • 院内採用品はもちろん、院内非採用品でも、DI検索の搭載により、ワンクリックで添付文書を閲覧でき、どのような薬品かがすぐに分かります。
  • 院内にない薬品は、同一成分表より、院内代替薬品を自動表示。
  • 非採用薬品は、治療薬分類データベースにより、疾患・症状から最も近い分類の採用薬品を検索可能。その中から表示する採用薬品をユーザー様の手で選定する事ができます。
4.注意薬・ハイリスク薬に対する注意喚起
  • 注意薬・ハイリスク薬などのマークを付加することで、注意が必要な薬剤であることを申送りできます。
5.ユビキタス環境
  • Webシステム採用のため、院内イントラネットでどこからでも患者様の持参薬、鑑別結果、指示内容を閲覧できます。
6.簡単操作
  • 医師は、鑑別結果より、継続・中止を選択するだけで指示完了です。
    ⇒持参薬管理システムへログインする看護師・薬剤師・医師により、役割権限を持たせられます。
7.履歴管理
  • 登録した鑑別結果・指示書については、新規登録、修正時も履歴管理し、誰がいつどのような内容を行ったか、確認できます。

導入効果

1.安全性
  • 持参薬を管理することで、患者様の服薬安全性、医療事故防止に役立ちます。
  • 入院時治療計画における、チーム医療の一環として参画することに役立ちます。
  • 患者が入院中に使用する医薬品のすべてを把握でき、重複投薬等の防止に役立ちます。
2.業務の効率化
  • システム・データを利用することで、手間のかかる持参薬の鑑別業務が効率よく実施できます。
3.経営面
  • 病棟薬剤業務実施加算を算定している病院様においては、入院時の持参薬管理に貢献できます。
  • 病院機能評価項目を満たすことができます。

システム構成

Web技術をベースとしたシステム
  • 病院内のLAN(ローカルエリアネットワーク)を使用します。
  • データはサーバーに格納します。
  • クライアントは、Webブラウザを使用してサーバー上のデータにアクセスします。
戻る