医薬品関連データベース

MDBデータベースの特徴

医薬品関連データベースの必要性

超高齢化社会を迎え、慢性疾患や合併症の増加により、多剤併用、長期連用が増えています。また、使い方に注意の必要な新薬が次々に開発される中、医薬品の使用にあたっては、体系的なリスク管理や患者さんへの適切な情報提供がきわめて重要になっています。
安全で効果的な薬物治療を、情報によりバックアップするのが医薬品関連データベースなのです。

最新のデータのご提供

医薬品の添付文書は頻繁に改訂されます。また、新薬、後発医薬品、報告品目など新規医薬品の収載への対応も必要です。弊社では迅速なデータメンテナンスにより、常に最新のデータを提供する体制を確立しており、高い評価をいただいています。

網羅性の高いデータベース

薬価基準収載医薬品及び一部の薬価基準未収載医薬品(約20,000品目)のデータを網羅しています。また、相互作用チェック用データはOTC薬(約14,000品目)も収載しています。

専門性を加味した実用的なデータベース

医薬品の添付文書にはあいまいな表現や、薬剤によって異なる不統一な記載が存在することがあります。したがって、添付文書どおりのデータ登録だけでは、必要な処方薬チェックが行えずリスク管理上問題を生じたり、逆にチェックがかかり過ぎて業務上不都合な場合があります。弊社では、専任の薬剤師が、添付文書の記載を薬学的解釈で補うことにより、よりレベルの高いチェックを実現しています。

高度支援型データベース

従来の医薬品関連データベースは、相互作用や禁忌など処方チェックのためのデータや、患者向けの薬剤情報など提供型のデータが中心でした。私たちは、従来個々に独立して完結していたデータベースを連携・展開させることにより、ソリューションを提供できる高度支援型のデータベースとして進化させました。
これらの視点で開発したデータベースとして、患者の問題点を抽出し、服薬指導や薬歴記載をナビゲートする服薬指導ガイダンスデータPOSテンプレートデータ、疾患を主体に最適な治療薬や代替薬を探すための治療薬分類データベース検査の異常値から、禁忌の医薬品処方をチェックしたり副作用の発現をチェックするデータベースなどがあります。

このように、私たちは、薬物治療に対して主体性を持って関わるデータベースの開発・提供を通じ、医療の質の向上に貢献することを目指しています。

更に進化したデータベースのご提供